« 第二回民事裁判 | トップページ | 全日本プロレス傷害事件の裏で »

御命日

本日、由利大輔さんの御命日です。
あの事故から三年が経ちました。

三年の期間は「過失致死罪」では時効になる期間であるため、
「業務上過失致死罪」で告訴し、警察は「過失致死罪」で書類送検。不起訴になった検事の判断は「業務上過失致死罪」というわかりにくい状況でしたので検察審査会に確認をしました。

結論としては現在「業務上過失致死罪」として審査中。
時効は5年なので、様々な意見がある中でじっくり審査をするという事でした。

本日は御遺族と共に弁護士事務所を訪れました。

事故から三年の時間が経過しましたが、御遺族にとっては未だ時間は止まったままです。
時間はかかると思いますが、大輔さんが間際にお母様に言った言葉を事故関係者はよく考えて頂きたいと思います。


「自分が被害者で良かった。逆の立場だったら一生償っていかなければならなかったから」


次回第三回民事裁判は11月10日(木)13時30分より東京地方裁判所521法廷で執り行なわれます。

改めて由利大輔さんのご冥福をお祈り申しあげます。

|

« 第二回民事裁判 | トップページ | 全日本プロレス傷害事件の裏で »

03.漢より近況報告」カテゴリの記事

コメント

ひとつ 気になるのは ご遺族は 菅原に何をしてもらいたいのか ということです。 死んでわびて欲しいとか 交通事故で人一人亡くなったら 億単位の慰謝料が必要になってくるから それに準じて欲しいとか 具体的な要求が見えてこないのです。 人としての誠意を尽くして欲しいなどと言っていたら 相手も 毎日 心の中で手を合わせてますで 終わってしまいます。

投稿: | 2011年10月26日 (水) 02時15分

由利さんが亡くなられてから3年にもなるのですね。
事故の当事者である菅原伊織さんはご命日の前日に大阪で試合に出ていました。
http://wind.ap.teacup.com/kenwa/2829.html

プロレスを引退されたと菅原伊織さん自身のブログで書いてありましたが、これも空手とはいえプロレスと大差ないと思います。
ご遺族も承知のうえのことなのでしょうか?
このあたりの行動についてどうお考えでしょうか?

投稿: ゆうじ | 2011年10月26日 (水) 07時08分

コメントありがとうございました。

>匿名様
御遺族が民事裁判を起こされたということは、賠償責任を求めているからです。
「ダブルインパクト」がなければ由利さんが命を落とすことはなかったはずですし、もし必然性があったのなら長期間放置をしていたでしょうか?


>ゆうじ様
菅原氏はプロレスを引退したと聞いています。また引退に追い込まれたとも聞いています。
しかしこうやって命日近くに大阪まで出向いて大会に出ているとは正直驚きです。

ただ菅原氏の行動をどう判断されるかは自由ですが、私はただ呆れるばかりです。

投稿: 漢 | 2011年10月26日 (水) 22時18分

どうも、以前も片岡さんのblogにはかきました。佐野も平然な態度ですね。
あと、彼の店で一日店長とか会を開いてる方にも自重するべきと、お願いするべきです。

投稿: ごべい | 2011年11月24日 (木) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216294/42672247

この記事へのトラックバック一覧です: 御命日:

« 第二回民事裁判 | トップページ | 全日本プロレス傷害事件の裏で »