« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月

来年へ向けて!

今年の6月16日
東京新聞の社会面に送検が近い記事が流れてから6ヶ月が経過しました

大輔さんの一周忌もすぎ、今年も終わろうとしています。
湾岸警察の方や検事さんには年内決着の話をいただいておりましたが・・・

長引けば長引くほどご遺族の疲労は増してしまいます
来年はそれを踏まえて動いていくつもりです
この事故の結末を見守っていてください

来年の1月30日に新木場1stリングにて、T-1二見氏の主催による
由利さんの追悼興行が行われます
11月の初めに二見氏より追悼興行開催の打診がありました
ご遺族に確認をとったところ

「大輔のことをずっと思い興行をやってくれることに感謝したい」
とのお答えでした

二見氏はこの興行についてこう話されました。

「プロレス界の中で起こった悲しい事故でありながら、
どの団体も追悼興行をおこなおうとしなかった。
プロレス界に関わる人間として、事故のあった新木場で追悼興行をしケジメをつけたい。
自分がリングに上がることで批判はあるかと思うが、それが自分の覚悟だ」

二見氏がリングにあがることへの是非はあるかと思いますが、
主催者としてすべて自分の責任で興行をされる二見氏に素直に感謝したいと思
います

また、この大会には「夢名塾」の渡辺宏志選手も出場されます
渡辺選手はプロレス界で唯一ご遺族の方と会われている方であり、
事故の責任について心を傷めておられました
渡辺選手はリング上で、プロレスラーに必要な受身や技術を見せてくださると思います

時が流れ、あの傷ましい事故は世間的には風化しているかもしれませんが、
真正面からこの事故の責任のあるべき姿を追い続ける人達がいることを嬉しく思います

すでに体制は整っています
来年が勝負です!

漢へのメールはこちらから→ mail  

| | コメント (29) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »